先付 - 鴨とだだちゃの茶碗蒸し

椀物 - 鱧・松

向付 - 鮭といくらの親子和え 穴子焼霜 等 三~五種盛 あしらいいろいろ

鉢肴 - 秋刀魚酒蒸焼

強肴 - 落鮎有馬煮

止肴 - 梨なます

御飯 - 鴨とろろ飯 香物 赤出汁

八寸 - うな肝甘露煮 月見せんべい 等 甘味と共に五~九種盛

今月のお料理

長月(九月) 2018年

鱧・松や、鶴岡のだだちゃ豆、秋のはじまりの香りをお届けします。

  • ※ご予算に応じてお料理の品数が変動します。内容についてはお任せください。
    五千円:三品 七千円:五~六品 九千円:七~八品
  • ※苦手な食材・食物アレルギーなどございましたら、ご予約時にお申し付けください。
  • ※時期・仕入状況により上記内容は変更になることがございます。

過去のお料理

葉月(八月) 2018年

賀茂茄子の炊いたんのかき氷、まさに白髪のような極細のそうめん、冷製スープのような水なます等、清涼感あふれる献立となっております。

文月(七月) 2018年

そうめんかぼちゃ(糸南瓜)、魚素麺、限られた生産者のみが作る最高級の「三神」と、そうめんづくしでお楽しみください。

水無月(六月) 2018年

初夏の食材、新緑の香りで梅雨を乗り切って下さい。

皐月(五月) 2018年

鯉の洗いや鮎の背越しなど、初夏ならではの川魚料理をお楽しみください。

卯月(四月) 2018年

お魚を包んだ桜餅や、巻物にした筍等、季節の定番に一手間かけた御料理で、春の香りを感じて頂ければと思います。

弥生(三月) 2017年

春の香りを運ぶ食材が出てくる中、蛤やちらしずしで、ひな祭りを祝って下さい。

如月(二月) 2018年

丸々と太った金太郎鰯やおそばを巻いた恵方巻等、節分に因んだお料理で、美味しく厄を落として下さい。

睦月(一月) 2018年

祝肴を中心に御用意致しておりますが、皆様飲み疲れ、食べ疲れしておいでではありませんか。七草粥を炊いておりますので、胃を休めながらゆっくり飲んでください。

師走(十二月) 2017年

香住の蟹や金鱧等、冬の訪れを感じる食材と、新酒ならではのフレッシュな苦・渋・酸の絡みをお楽しみください。

霜月(十一月) 2017年

寒さが増すごとに、美味しくなる食材や料理があります。
今年もおでんを始めました。冷やでも燗でも熟成酒でも、ほっこり楽しんで下さい。

神無月(十月) 2017年

濃醇に厚みを増す御料理の味わいや彩りとともに、ひと夏寝かせ熟成を始めた日本酒たちに、秋の深まりを感じていただければ幸いです。

長月(九月) 2017年

鱧・松や、鶴岡のだだちゃ豆、秋のはじまりの香りをお届けします。